ひどい目袋を美容クリニックでなくす方法

目の下のたるみを放置しておくとだんだん膨らんで目の下に袋状のものが出来てきます。

俳優の津川雅彦さんや岸部一徳さんの目の下を思い浮かべてみるとわかりやすいですね。

この目袋もごく軽いうちなら表面から切らずにしたのまぶたの裏側を切って
脂肪を取り出し平坦にすることができますが、長年の目袋だと筋肉を
引き上げる施術が必要になることがあります。

なにもケアせずに放置しておくと袋の下に深いシワがくっきり刻まれてきますよ。

こうなると美容クリニックでの切らない手術が難しくなるかもしれませんし、
一つの施術では効果が出ないでしょう。

目袋のなかには脂肪が充満しているので、これを除去したあと目袋の下に
できた凹みとシワの溝に脂肪やコラーゲン、成長因子を注入する方法が必要です。


さらにたるみが定着し皮膚が余分にたるんで来ると脂肪を除去すればさらに
皮膚のたるみが目立ってしまいますね。

脂肪を除去せずにへこんだところに移動させ、余分な皮膚を切り取る
という方法があります。

湘南美容クリニックの場合


ちなみに湘南美容クリニックではこの方法をハムラ法といっ
て目の下のふくらみが大きく溝が目立つ場合に適用しています。

下まぶたのまつ毛近くを切って脂肪を移動させる切開ハムラ法と
下まぶたの内側を切って脂肪を移動させる裏ハムラ法があります。


施術時間は切開ハムラ法が90~120分で裏ハムラ法は40分前後。

切開ハムラ法の方が裏ハムラ法よりダウンタイムが長いです。

費用は両目でどちらも328,000円です。

SBC会員になると5~8%OFFになりお得ですよ。


高須クリニックの場合

同じような施術でもクリニックによって違いがあると思うのでテレビの
CMで有名な高須クリニックの費用はどのくらいかかるでしょうか?

目の下のまつ毛の際を切除して脂肪を取り出すハムラ法では片目で
250,000円、両目で500,000円です。


高須クリニックでは湘南美容クリニックのように脂肪を移動させず
余分なものを取り出します。

また瞼の内側を切開して脂肪を取り出す方法と費用は同じでした。