目の下のたるみ取り


目の下のたるみを取るためには、どうしてたるんだのか原因をちゃんとわかってることが必要です。その原因に応じたケアをしないと一生懸命にやっても時間やお金が無駄にかかって効果なし、というもったいないことになります。


ここで目の下がたるむ原因を簡単にまとめてみました。


・老化
眼窩脂肪の突出
・血行不良
・紫外線
・摩擦

これらが目の下のたるみを引き起こす原因といわれています。加齢は止められませんが、他にも原因がいろいろあるので対策はできます。この年齢だから、とあきらめてしまったらもったいないですね。


老化と眼窩脂肪

原因の中で老化と眼窩脂肪はある程度関係があります。加齢で皮膚の奥に存在するコラーゲンやエラスチンなどハリに関わる成分が少なくなることで筋肉がゆるみ目の奥の脂肪を支えることが出来なくなって前の方に飛び出してくるからです。


対策としてはコラーゲンなどのハリ成分の生成を増やすことや目の周囲の筋肉、眼輪筋を鍛えることです。


血行不良

目が存在する顔は心臓より上にあるのでどうしても体の中で血流が悪い傾向にあります。それに拍車をかけるのがスマホやパソコンをじっと凝視することで瞬きが少なくなり血行が滞ることです。血流が滞っていてもあまり自覚がなかったりするでしょう。

パソコン作業が多い場合は時々は目をやすませたり、目の周囲を軽くマッサージしたりしましょう。+ホットアイマスクで温めることもプラスになります。

その他、目の周りにあるツボを押すこともたるみ取りに役立つでしょう。マッサージやツボ押しの場合は強く押したりこすったりしないように注意。こすり過ぎることは、たるみをさらに引き起こすからです。


紫外線と摩擦

目の下の皮膚はとても薄いので紫外線や摩擦が刺激となり老化を早め、若くてもコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの再生量が低下しハリがなくなりたるむ原因になります。

とくに紫外線の中で真皮層まで届く波長は線維芽細胞にダメージを与えコラーゲンなどが損傷します。それだけでなくメラニン色素を発生させるのシミやくすみも起こりやすくなるでしょう。


紫外線をブロックするための日焼け止めはこまめにぬりましょう。アイメイクのやり過ぎや落とすときにこすり過ぎることも注意しましょう・


目の下をたるませないための対策

目の下をたるませないためには日ごろからのケアが大事です。もちろんスキンケアは重要ですがそれ以外のことも必要。眼輪筋や目のまわりの表情筋を鍛えるトレーニングをすることが大事ですが、面倒な場合は美顔器をにたよってもいいでしょう。

最近は目の周りに使える美顔器もいろいろと出ています。


適度なマッサージとツボ押しも効果的です。自己流など間違った方法でやると逆効果になったりダメージになりたるみがひどくなるので専門の本などで確認してから行いましょう。


何をやってもダメな場合は美容クリニックでの施術もあります。最近は切らずにたるみを取ったり注射おで簡単に対応できるものがありますが、あまりにもひどくなると切らなければいけない、という可能性もあります。

ひどい状態にしないためにも日ごろのアイクリームなどでお手入れしておくことは大事ですね。目元のクマ、シワ、たるみなどすべての悩みに対応してくれるアイクリームが発売されいます。

⇒目元の悩み全部に働くアイクリームはこちら