目袋やまぶたのたるみを隠したい


目の下や上のまぶたがたるんで顔の印象が変わってきたな~とガックリすることはありませんか?目元はその人の第一印象を決めるポイントになります。ハリや潤いがあるスッキリした目元は年齢に関係なく若くはつらつとした印象になりますが、しぼみやたるみ、シワ、クマなどが存在すると実際の年齢よりも上に見られることがあります。

30代を過ぎたら目の周りは他の部位とは別に特別なケアをしておくことが必要といわれます。

日ごろのお手入れ次第で40代、50代になってもハリのある目元が維持できるはず。


目の下のたるみは涙袋でなく目袋

目の下のたるみがひどくなって袋状になると涙袋ではなく目袋といいます。涙袋はかわいいという代表的な存在ですが目袋は老け顔の代表といわれ女性にすごく嫌われます。



涙袋はわざわざヒアルロン酸注射をして作るのに目袋はなんとしてでも目立なくするか消してしまいたいとみんな必死でケアしますね。

目袋と同じように、まぶたのたるみも厄介者です。まぶたがたるむことで目もとの印象がぼやけてイメージダウンするからです。若いころはパッチリしてた目もいつのまにかしぼんで小さく見えて目ヂカラがなくなってきます。


若いころの写真と最近の写真を比べると一目瞭然。違いを実感してショックを受けるかもしれませんね。まぶたのたるみをなくせば昔の印象に近づくのですが、これもなかなか改善が難しいことです。


老化は目元を中心に表れるのですが、目の下、目尻、上まぶたとそれぞれをケアしていくには原因によって改善するアイテムが異なるとお金がかかってしょうがないですね。


またこの年齢だからしょうがないとあきらめてしまうことがあるかもしれません。


でも良いアイテムを選べば、まだまだ改善の余地ありです。こちらでは目袋とまぶたのたるみを隠しながらケアしていけるアイクリームや美顔器などのアイテムを見つけて紹介していきます。


目もとに悩みが出てきたら参考にしてもらえると嬉しいです。